和歌山県躰道協会
躰道の歴史
  • 昭和20年 - 第二次世界大戦の末期、旋運変捻転の運動原理を基にした動態に発想を得て、三次元の運動空間に適応できる技術を編み出す。
  • 昭和21年 - 大分県海部郡明治村の山中にあり技法の構想を得る。
  • 昭和23年 - 沖縄県国頭郡九志村の海上にある無人島で運技・変技・転技の一部を創作。
  • 昭和24年 - 静岡県伊東市で初めて技術を公開。
  • 昭和28年 - この年より約10年間、玄制流空手道として東京を中心に大学・自衛隊・会社等で実験的に指導を続ける中で新武道を創造するための基礎的な内容を整える。
  • 昭和37年 - 旋技・捻技を完成
  • 昭和38年 - 「躰道」として原理化をはかる。
  • 昭和40年 - 動功<操体の原理>制御<相克の原理>体気<呼吸の原理>法形<体・制・玄>経穴<陰陽の調整>などと「物理像」「生理像」「心理像」「情緒像」を一元的に体系化し、理論的な統括原理を確立して「躰道」を集大成。1月23日、日本躰道協会日本躰道本院設立。なお、1月23日は1・2・3と躰道のこれからの発展を祈ってこの日に設立したという経緯がある。